大型家具を不用品回収してもらう際の注意点

不要な大型家具を気持ちよく回収してもらうために必要なこととは?

>

大型家具を不用品回収してもらうとき、気を付けることとは?

大型家具の回収方法は大きく分けて二つ

大型家具の回収方法は、大きく二つに分けると「自治体の制度を利用する」「民間企業を利用する」となります。

民間企業は更に、「不用品回収業者」や「引っ越し業者」などに分かれて行きますが、とりあえず大きく分ければ、「行政か民間か」ということになります。

行政も民間もそれぞれ、良い点と注意点はあります。例えば両者の良い点は、行政は安価で対応してくれます。一方民間は、日時の指定がこちらからできます。また、持ち運びも対応してくれるので、本当に楽です。

次に両者の注意点ですが、行政は利用者から日時の指定はできません。また指定場所への運搬は、自分でしなければなりません。一方民間は、いわゆる「悪徳業者」もあるので、注意が必要です。

ただ「時は金なり」ではありませんが、多少金額はかかっても、便利さや融通性から考えれば、民間の方がお得だと思います。

大型家具の問題点の一つ目は運ぶ人と大きさ

これも繰り返しにはなりますが買った時は大抵の場合、購入先の搬送スタッフが数人がかりで運んでくれると思います。しかし不用品となると、当然のことながら、持ち主が自分で対応しなければなりません。

ということは、例えば戸建ての家だと、寝室は2階より上にあることが多いでしょう。するともし、ベッドを不用品として処理する場合、まず思いつく大変さといえば、「誰がいつ、どうやってあの大きなベッドを運ぶのか」ということ。

まず一人では無理なので、最低でも二人の人が必要になります。家族で時間と体力に余裕がある人がいればいいですが、もし該当者がいたとしても、その両者のいずれかが、二階からの運送指揮をとれる人なのかどうかと言えば、なかなか都合よくそんな人はいないでしょう。

その場合、運搬はかなり危険ですし、何より運ぶ人自身が怖いでしょう。ですから「餅は餅屋」ではないですがプロの不用品回収業者に依頼するのが一番なわけです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る