大型家具を不用品回収してもらう際の注意点

不要な大型家具を気持ちよく回収してもらうために必要なこととは?

大型家具の回収方法とは?まず何が大変?

家具には各家庭、さまざまな思い出があると思います。例えば、学習机。小学校の入学前に購入して、大抵の方は18歳くらいまでは、ほぼ毎日使い続けます。その期間、実に12年!本当に長いですよね。

また長いと言えば、同じく子供用ベッドでしょうか。こちらは入学前から子どもだけで寝かせているご家庭だと、10年弱くらいにはなるでしょう。同じく大型の家具で長く使うものといえば、食卓や食器棚もたいていのご家庭では、10年以上使うのではないでしょうか。

いずれにせよ、大型の家具は長く使うものではありますが、人生の節目で買い換えたり、処分したりすることが多いもの。念のために「人生の節目」とは、小学校入学・高校卒業・就職・(独り立ち)・(引っ越しや転勤)・結婚・出産などのことです。

これほど大型家具は不用品として処分する機会があるものですが、いざその対応をするとなると、本当に大変です。少しご想像いただきたいのですが、例えば、大型家具を買ったとき、誰が運びましたか。

おそらく「お持ち帰り」で値引きでもして貰わない限り、業者の方が対応されたと思います。つまり、買った本人が大型家具を運ぶことは、記述のようにアウトレット価格の大型家具でも買わない限り、殆どないと思います。

ですから逆に不用品を処理するとなると、選択する方法によっては、自分で運ばなければならなくなるわけです。それは非常に大変ですよね。そこでここでは、大型家具を不用品回収して貰う際気をつける方法を各項目に分けて、ご紹介します。

TOPへ戻る